イトウ質店ブログ

少し覗いてきました。

先日、KITTE名古屋で開かれていた、

エルメス手しごと展を少しだけ覗かせて頂きました。

そしたら結構、大盛況!!

混んでました~。

とりあえず最初は時計職人のブースを探す。

時計ブースに着くと時計職人が歯車の説明をしながら

機械を組み立てるデモンストレーションをやってました。

組み立てムーヴメントは、

こいつ、Cal表示はされていないけど、エルメスの初のマイクロローター式

自動巻きムーヴメントなので、たぶんH1950、スリム・ドゥ・エルメスかな

横に展示してある文字盤がスリムの文字盤なので、そーでしょう。

他にも職人の前には、

エルメスの時計が並んでいました。

左側の黒文字盤の時計は日付がレトロ表示になっている アルソー・タンシュスポンデュAR8.910

左側がアルソーデイトAR7.710

右側がムーンフェイズ付きのアルソー・プティエットリエンヌ AR7.510

左反射して見づらいですね~。下の写真にて

ドレサージュDR5.71B

右の四角いやつ ケープコッドTGM

左の画像ぼけたやつは、ドレサージュ・ルゥール・マスケかな?

ぐるぐるバンドの四角い時計もケープコッド

最後がスリム・ドゥ・エルメスPM

エルメスを代表するシリーズが並んでいました。

ムーヴメントの組み立ての最後

マイクロローターを取り付け時に、誰かやってみたいかと

サービスもしてました。

みんな手あげてるんですよ!!みんな普段触れる物じゃないから

やってみたいんだな~っと

 

他にも

手袋職人

磁器絵付け職人

とその他にも色々な職人が

全部みきれん!!

もっと早く来ればよかったな~

バッグ職人も見たけど~

長くなりすぎたから、次書きます。

Comments are closed.