イトウ質店ブログ

セイコーSEIKO プロスペックダイバーPADIコラボのご紹介

PADIコラボのこちらの時計

セイコープロスペックダイバースキューバ PADIモデルです。

当店の販売ページはコチラ

写真右側 SBDC071

写真左側 SBDC055

正確な時を刻む精密な時計を水中へ

1965年、国産初のダイバーズウォッチをデビューさせたセイコーさん

それを皮切りに、もう半世紀以上もダイバーズウォッチを作り続けてます。

そんなセイコーさんとコラボったのが、世界的に有名なダイビング教育期間PADI

(私もPADIのダイビング資格持ってます。一番初歩のやつですが)

時計好きでダイビングされる方には、ちょっと気になるコラボですよね。

 

まずは、コチラのSBDC055

(腕に乗っけてるだです)

こちらは、なんといてっも1965年の国産初のダイバーズウォッチを

現代風のデザインにアレンジしたモデルになります。

いわば後継機的な存在。

通常のモデルは、黒ベゼルに黒文字盤と青ベゼルに青文字盤なんですが、

PADIコラボと言うことで、長針の赤の縁取りや文字盤のブルーなんかは

PADIロゴカラーを意識してる感じです

文字盤のブルーもブルー~ミッドブルーとツートンカラーで深い海に

誘ってくれそうな文字盤もいいですね。

時計のサイドラインも鏡面と艶消しの2本ラインがキレイです。

 

写真わかりづらいね~笑 すいません。

この価格帯でのクオリティー高いと思う◎

短時間の光を当てただけで暗所に行ったときは、ルミブライトが光る輝る。

 

視野性も抜群で良いと思います。

続いてSBDC071

(腕に乗せてるだけです)

コチラは、リューズの位置が3時方向から少しづれて4時位置についてます。

この特徴的なリューズの位置は1968年に出されたダイバーズウォッチを

現代風にアレンジしたモデルになります。

正統なリューズ位置より、セイコーダイバーズのリューズは4時だろって

じゃないと落ち着かないと思う方も多数いる人気デザインです。

こちらも通常モデルは黒ベゼル黒文字盤、青ベゼルに青文字盤なですが、

PADIコラボで多分PADIのロゴを意識した青と赤のツートンカラーのベゼルに

なっており、これが上手い具合にペプシカラーになってます。

こっちも暗所では光る輝る

現代風にアレンジしてあってもどこかレトロ感のある感じ

こちらも良いと思います。

 

いかがですか??

Comments are closed.