イトウ質店ブログ

ブレゲ BREGUETのクラシック・トラディションのご紹介

雑誌で始めてこの時計を見た時、

正直にカッコいいと思いました。

<img src=”puppy.jpg” alt=”ブレゲ”/>

ブレゲのクラシック・トラディションです。

 

当店の販売ページはコチラ

 

雑誌で初めて見たって言うのは、

2005年頃でしたね。

まだ私は関東にて質屋の修行中でした。

今日、紹介しているトラディションは

Ref7057

当時、私がカッコいいと思ったのは、

Ref7027

今日紹介してるモデルの1つ前の旧型でした。

7027と7057の違いは、

7027が37mmのケース径

7057が40mmのケース径

少し大きくなっており、

スケルトン部分もアンスラサイト仕上により

ダークグレーの色合いになってます。

後はパワーリザーブのデザインが少し

変更されています。

ムーブメントは同じ物を使っています。

 

2005年当時7027を見た時は

今まで作られてきたスケルトンと全然違う

「わぁ~迫力満点だなぁ~」って見てました。

ムーブメント自体

香箱をセンターに配置して

それを挟むように、左右に2番車とテンプを配置して

上下には文字盤と4番車。

シンメトリーな構図。

素敵です。

外観の魅力もありますが、

当時もう1つの注目処は、

4時位置のテンプにパラシュート機構が

備わっていること。

これは時計を落とす等して、強い衝撃から

天芯が折れるのを防ぐ機構で、

1790年にブレゲが考案したものです。

この機構をつけるこで、ブレゲの歴史は

繋がってるんだぞって主張しているかのようですね。

 

当時、かっこいい~な~って思ってた隣で

後輩が、一言

「レ〇ブロックみたな時計ですね」

あちゃーーーーーーーーーーーー

当時その一言がなんか、腑に落ちてしまって、

今だに、トラディションを見ると、

心の中で、「レ〇!!」

思ってしまうほど、こびりついてます。

心ときめいて見てたのに、

今みてもカッコいいと思うんだけどね。

<img src=”puppy.jpg” alt=”ブレゲ”/>

Comments are closed.