イトウ質店ブログ

グラスヒュッテ・オリジナル Glashutte・Originalの パノマティックルナのご紹介

2000年より、新しく加えられたシリーズ

<img src=”puppy.jpg” alt=”グラスヒュッテオリジナル”/>
グラスヒュッテ・オリジナルのパノマティックライン

このムーン付きのパノマティック・ルナは

2003年から加わりました。

 

当店の販売ページはコチラ

 

私的に、グラスヒュッテの中では

一番惹かれるモデルです。

オフセンターの時計配置で、

2針にスモセコ

2字位置にムーンフェイズ

4字位置にビッグデイト

バランスがとても良いんですよね。

 

さらにこのフラットな文字盤がまた良~

一歩間違えるとゴチャった文字盤に

なりそうな配置ですが多分、ビッグデイトの

作りが良いでしょうね。

通常ビッグデイトが配置されてるモデルは、

カレンダー枠が取り付けられていて、

数字の間にも枠があるのが多いと思います。

(外枠のみや、文字盤で仕切られてる物もありますが)

分かりやすいモデルは、

ランゲのダトグラフですね。

枠があれば立体感もでるし

主張も強くメリハリが効き

かっこよく見えるんですが、

このパノマティック・ルナには

似合わないですね。

しかも枠がないだけじゃなく、

中の数字も十の位と一の位が

水平にセットされていて

切り替わる時も水平に切り替わる。

だから数字を仕切る枠も不要。

余分なものがなく、フラットで

キレイなお顔が楽しめます。

 

グラスヒュッテの醍醐味って

裏向けた時に、シースルーバックから

見える機械を眺めるときですよね。

 

裏を見るとローターとテンプ

以外はプレートに覆われて、

中の細かい

機械は見れませんが、

そのプレートの畝(うね)模様の仕上げが

たまらなくキレイなんですよ~

 

ローターの回る溝も綺麗に仕上げられていて、

そこを文字盤と呼応するかのように

オフセットされた少し小さめなローターが

滑らかに回る。

そして、

テンプの両サイドのスワンネックの

下にあるプレートもエングレービングされ

ゴールドに装飾してあり、ローターの外周の

21金と相まってバランスよくキレイに見えます。

確実にこの子を眺めながら、お酒を飲めます。

 

表も

裏も

楽しめる一本です。

<img src=”puppy.jpg” alt=glashutteoriginal””/>

革バンドは他社製になりますが、

まだまだ全然使える状態。

仕上げしても消えないような

大きな傷やダメージは無く

良品です。

Comments are closed.