イトウ質店ブログ

ブランド豆知識『ベル&ロス(BELL & ROSS)』時計について

名古屋の質屋イトウ質店のブログです。

本日のお話は、『ベル&ロス(BELL&ROSS)』時計についてです。

ベル&ロスはフランスの時計ブランドで、1991年にパリでブルーノ・ベラミッシュとカルロス・ロシロが創業しました。

ブランド名は2人の愛称「ベル」と「ロス」から付けられたものです。

高校時代からの親友で、時計コレクションが趣味の2人が時計メーカーを起こした
時計に対する情熱は、腕時計を模してロゴに表れています。

本社はフランスですが、デザイン設計、製造はスイスのラ・ショー・ド・フォンで行われています。

1991年に「Bell&Ross by SINN」としてドイツのジン社と時計を製作。

1998年に、自社ブランドとして「ヴィンテージ」を製作、また、あのシャネルと資本提携も結んでいます。

「デザインとテクノロジーの融合」をコンセプトに掲げた時計は、航空機、スペースシャトルなどの
機器の設計者専門家を集め、「視認性」「信頼性」「精度」「防水性」を基本としてデザイン、設計されています。

スイスの伝統的な製造方法ながら、耐久性の高い、また飛行機のコックピットの計器を模したり
アーミー風、昔のパイロット時計風のモノトーン主体のシンプルなデザインの時計は、
パイロット・宇宙飛行士・ダイバーなど、過酷な環境で働くプロフェッショナルに高く評価されています。

ベル&ロスの時計のお話でした。

Comments are closed.