イトウ質店ブログ

金のお話(金のエンゼル)

名古屋の質屋イトウ質店のブログです。

本日のお話は、『金のエンゼル』です。

金のエンゼルと聞いて、メルヘンチックな想像をした方ごめんなさい。
いや、メルヘンチックと言えなくもないんですが、今回の『金のエンゼル』は
森永チョコボールについてるヤツです。

チョコボールの箱には上部に「くちばし」と呼ばれる取り出し口がついていて、
これを押し上げて、くちばしから中のチョコボールを取り出すようになっています。

この「くちばし」の側面部分に、「エンゼルのイラスト」が印刷されたものがあり、
「金のエンゼル」なら1枚、「銀のエンゼル」なら5枚で
「おもちゃのカンヅメ」に替えてもらうことが出来ます。
エンゼルの描かれていないくちばしは「はずれ」です。

森永製菓によると、
「おもちゃのカンヅメ」は月平均で約2万個を発送している(2006年時点)
とのことですが、当選確率に関しては公表されていません。

以前にバラエティ番組で検証されたこともあり、毎日放送「よるこ」では
「金のエンゼル」を引き当てるまで2,100個以上開封しており、
その間に「銀のエンゼル」は60枚出ていました。
また同じ毎日放送の「ロケみつ」では「金のエンゼル」を引き当てるまで3618箱、
銀のエンゼルは69枚でした。

景品の「おもちゃのカンヅメ」の中身の方も、担当者以外は社員や工場の従業員、
社長に至るまでも中身のことは知らされてないそうです。

チョコボールには一般販売品として、
ピーナッツ、キャラメル、いちご、クッキー&クリーム、
また地方限定販売で北海道限定夕張メロンチョコボールがあります。
他に期間限定及びコンビニ限定で発売された種類もあります。

初めてチョコボール「チョコレートボール」が発売されたのは1965年。
アニメ『宇宙少年ソラン』のキャラクター商品で、
1967年からキャラクターを
「キョロちゃん」に変更したチョコボールに変更されました。

1967年から前身の「まんがのカンヅメ」、
1969年から「おもちゃのカンヅメ」のプレゼントも始まっています。

森永製菓株式会社は1899年(明治32年)に創立され、
1905年(明治38年)にエンゼルマークをトレードマークに制定しています。

金のお話『金のエンゼル』でした。

Comments are closed.