イトウ質店ブログ

金のお話(黄金バット)

名古屋の質屋イトウ質店のブログです。

本日のお話は、『黄金バット』です。

リアルにご存知の方は、そこそこお年を召していらっしゃるに違いありませんが、
『黄金バット』は、昭和の初期の紙芝居の主人公で、戦後から昭和40年代にかけて、
漫画化、映画化、テレビアニメ化されました。

金色の骸骨(がいこつ)の姿をしており、漆黒のマントをまとっています。
骸骨の姿ではありますが、正義のヒーローです。
特有の高笑いと、一緒に現れる金色のコウモリがとても特徴的で、
ヒーローと同時にアンチヒーローの面を持った存在感が斬新であり、人気を得ました。

元々は1930年(昭和5年)、
鈴木一郎原作の街頭紙芝居シリーズ黒マントの怪盗『黒バット』を、
主人公を黄金色にしたものを永松健夫が描いて誕生しました。
『黒バット』の最終回で、
悪役である黒バットを倒す正義のヒーローとして初登場したのです。

黄金バットは子供たちに大好評で、
黄金バットを主人公とした新作紙芝居が製作されました。

大ヒットしたため、当時の紙芝居業界には著作権意識は存在せず、
多種多様な黄金バットが勝手に作られたそうです。
ちなみに、戦前の黄金バットの紙芝居のほとんどは戦時中に散逸、
あるいは焼失してしまっているそうです。

戦後1947年(昭和22年)から、永松健夫による絵物語作品の単行本が刊行され、
翌1948年(昭和23年)創刊の雑誌『冒険活劇文庫』にも絵物語が掲載されています。
1950年(昭和25年)には
東映の前身東京映画配給の映画「黄金バット 摩天楼の怪人』が公開されています。
この作品には美空ひばりさんも出演されています。
1966年(昭和41年)には千葉真一主演で映画『黄金バット』公開され、
1967年からは全52話のアニメが日本テレビ系列で放映されて、高い視聴率を得ました。

金のお話『黄金バット』でした。

Comments are closed.