イトウ質店ブログ

金のお話(新宿・ゴールデン街)

名古屋の質屋イトウ質店のブログです。

本日のお話は、『新宿・ゴールデン街』です。

んなこと知ってるという人が多いでしょうが、新宿ゴールデン街は、
東京都新宿区歌舞伎町一丁目にある飲食店街です。
花園神社と隣接し、
第二次世界大戦後に建てられた木造長屋建ての店舗が狭い路地をはさんで
マッチ箱のように並んでいます。

映画・演劇関係者や作家、ジャーナリストが多く集まる街としても知られています。

歴史的には1945年(昭和20年)8月15日の終戦後に、
新宿駅の東側で関東尾津組が闇市第一号である”新宿マーケット”を開店し、
そのあと和田組が武蔵野館から南口へかけて和田マーケットを開き、
新宿西口ぞいに安田組が展開した民衆市場と二つの露店市場ができました。

昭和24年に、新宿マーケットから竜宮マートに名前を変え、
屋台による一杯飲み屋街へと変貌を遂げていましたが、
占領軍による露店取り払い命令が出たことで、屋台は旧三光町一帯に移り、
町名変更で今は歌舞伎町1丁目となったところがゴールデン街です。

1958年(昭和33年)の売春防止法ができるまでは、
『青線』と呼ばれる非合法売春地帯でした。
ちなみに赤線が風俗営業取締法に基づいて警察(公安委員会)に
「カフェー(特殊飲食店)」として許可をもらい、
一定の区画で営業を許可されたもの。
青線が食品衛生法に基づいて保健所に「飲食店」として許可をもらい、
非合法で売春営業を行っていた区域のことです。

売春防止法施行後は、飲み屋やバーとして再出発していき、
昭和40年ごろにゴールデン街という通称が生まれました。
3坪または4.5坪と狭く、カウンターに数人並ぶと満席になる店が密集していました。

今のコマ劇場のあたりから歌舞伎町2丁目にかけての一帯が「歌舞伎町」として
日本最大の歓楽街へと発展したのに比べ、
開発の波から取り残されてしまっていましたが、
作家やジャーナリスト、編集者らが集まる、文壇バーも多く、
常連であった佐木隆三が直木賞、中上健次が芥川賞を受賞した昭和51年には
一躍全国の脚光を浴びました。

全盛期200軒以上あった店は一時140軒にまで減ったようですが、
今は170軒程が営業しているみたいです。

1950年代の雰囲気を残す場所として愛され、常連客が今日も通っています。

金のお話『新宿・ゴールデン街』でした。

Comments are closed.