イトウ質店ブログ

金のお話 24K GPは金なの?

名古屋で金買取強化中!のイトウ質店ブログ。

金の貴金属品の裏には必ず刻印があります。
例えば24金ならば24K、18金ならば18Kと刻まれていますよね。

金の数字、24や18とは純度を示しています。
金の純度は24分率であらわしていますので、24Kは純金100%となるわけなのです。

ところで、24K GPや18K GPという刻印を見た事はありませんか?
GPって何?と疑問に思った事はありませんか?
GPはGold Platedの略でメッキという意味です。

確かに金メッキは本物の金を使用していますが、
鉄やアルミ素材の物の表面に薄く金を施したものですので、
「金としての価値」は無に等しいと言えます。

家にある金の置物や金の延べ棒もメッキである可能性があります。
ご来店頂くお客様の中にもGPの意味が分からず、
金で出来た価値のある物だと思い込み、買取り依頼を頂くケースが御座います。
質屋や貴金属買取り店などではGPと刻印されているものに関しましては、
基本的に金としての価値が無い為、買取りをお断りさせて頂いております。

但し、例外は御座います。
ブランド商品の中には金メッキでコーティングされた時計やアクセサリーなどが御座います。
そういった物はブランドとしての価値がありますので買取りや質入れが可能です。
それから、金としての価値ではなく物としての価値があれば買取りや質入れは可能です。

刻印が見当たらない、刻印が薄れてしまって良く見えないなどでも、
当店にお持ち頂ければ金であるかメッキであるかお調べする事は可能です。
メッキだと思っていたものが実は金だったなんて事もあるかもしれませんよ!

金買取 名古屋はイトウ質店へ 

 

Comments are closed.