イトウ質店ブログ

質屋の豆知識 質屋の守護聖人セイント・ニコラスとは?

名古屋の質屋イトウ質店のブログです。

本日のお話は、質屋の守護聖人 セイント・ニコラスについてです。

 

質屋の守護聖人といわれたセイント・ニコラスとは、4世紀頃のローマ帝国の司教。
実はサンタクロースの伝承の起源とも言われます。

ある日、パタラのある男が財産を全て失い、どうしようもなく生活が出来なくなっていました。
しかもその男には三人の娘がいて、養う事も出来なくなっていたのです。

そこへニコラスがその男の意図を聞いて、密かに窓から家の中へ3袋の金を投げ入れたとされています。
その金を手に入れた男と三人の娘は生活ができるようになり、ニコラスに感謝したとされています。
この話で述べられている3つの袋の金を元に作られている質屋の紋章が、3つの金のボールの起源とされています。

この様にニコラスは質屋の守護聖人とされ、その話が質屋の守護聖人として呼ばれるようになったのです。
貧しい人を救うその姿が、聖人として意識されるようになったそうです。
また、窓から金を投げ入れるという姿が特にインパクトが強かったようです。

この様にこの金を投げ入れて貧しい人々を救った姿が質屋の守護聖人と呼ばれる由来となっています。
この話は魅力的な話として残っているのですが、一番質屋の守護聖人として印象が強かった内容になります。
今でも、ニコラスは質屋の聖人として、語り継がれているのです。

質屋の守護聖人セイント・ニコラスについてのお話でした。

Comments are closed.