イトウ質店ブログ

質屋の豆知識『もしもこんな質屋があったら/ドリフコント』

名古屋の質屋イトウ質店のブログです。

本日は、『もしもこんな質屋があったら/ドリフコント』です。

伝説の人気バラエティ番組『8時だョ!全員集合』でおなじみのドリフターズ。
いかりや長介をリーダーに、加藤茶、高木ブー、仲本工事、
志村けん(荒井注の脱退宣言後に見習いとして加入)。
『ドリフ大爆笑』という番組が、1977年から月1回、1998年から2003年に年1・2回、
その後総集編なども放送されていたのをご記憶の方も多いでしょう。

もしもシリーズという、この番組の名物コントがありました。
1977年から1987年までと、1997年から1998年にシリーズコントは放送されたようです。
「もしも◯◯な◯◯があったら」というフリで、
主人公のいかりや長介がひどい目に遭うというのが基本のギャグでした。
最後に、呆れ果てたいかりや長介が
「だめだこりゃ」と言うフレーズを発するのもお決まりでした。

このシリーズの中に、昭和52年の放送のようですが、
「もしもこんな質屋さんがあったら」というものがありました。
志村けんのお爺さんの貧乏質屋が、貧乏ギャグの連発の最後に、
いかりやが質入れしようとしたカメラ別の質屋に質入れに行くというコント。
伊東四郎&高木ブーコンビの、お客のいかりやのことを
徹底的に調査済みという前提なコント。
加藤茶、仲本工事のトルコ風呂風の質屋のコントなどです。
あー、あーっと思い出した方もいらっしゃるでしょう。

『もしもこんな質屋があったら/ドリフコント』でした。

Comments are closed.