イトウ質店ブログ

質屋の豆知識 海外にもある質屋さん

名古屋の質屋、イトウ質店ブログ。

質屋って何となく日本独自のものと思い込んでいらっしゃる方が多いのですが、
実はそうではありません。質屋は1800年程前に中国で生まれたものです。
そして今では世界各国に質屋は存在しています。
国によって名前は違いますが質屋と同様のお店が多数あるのです。

①アメリカ
アメリカでは質屋を「PAWN SHOP(パーンショップ)」と言います。
PAWNが「質入れ」という意味です。
アメリカでは物を大切にするという文化が根付いているので、
必要なくなった物でもガレージに大切に保管してある家庭が殆どです。
アメリカでは日曜日の度にガレージセールやフリーマーケットがあちこちで行われており、
ガレージに仕舞っておいた物をそういった所で売るという文化も根付いています。
その為、質屋で流通する物は高級な物が多く、
パーンショップは富裕層の行くショップという認識があるようです。

ちなみに「賢者の贈り物」というお話をご存知ですか?
アメリカニューヨークが舞台の物語です。
貧しい夫婦がお互いの大切な物を売ってお金にし、
互いにクリスマスプレゼントを買うというとても素敵なストーリーです。
その「大切な物」を売ったのがパーンショップなのです。

②アジア-フィリピン
フィリピンの質屋は年々増えてきています。
フィリピンは元々アメリカの植民地であった事から
質屋を「PAWN SHOP(パーンショップ)」と言います。
物をお金に換えるよりも、物を担保に短期的にお金を借りる人が多いそうです。
結構な割合で期限内にお金を返しに来るそうですよ。
フィリピンでは銀行でお金を借りるよりも質屋で借りた方が金利がとても安いことから
フィリピン人は本当に良く質屋を利用するそうです。
1995年から2005年の10年間で質屋は3倍にも増えた事を考えると
フィリピンでは質屋は無くてはならない存在になっているのだと思います。

今回紹介したのはアメリカとフィリピンですが、
質屋は世界各国にあるグローバルなものなのです。
もし海外に行った際、急なお金が必要になった時にはPAWN SHOPに足を運んでみては?

日本の名古屋には老舗質屋イトウ質店があることもお忘れなく!笑

名古屋 質屋 イトウ質店 

Comments are closed.