イトウ質店ブログ

2021年3月15日
by admin
グラスヒュッテ・オリジナル Glashutte・Originalの パノマティックルナのご紹介 はコメントを受け付けていません

グラスヒュッテ・オリジナル Glashutte・Originalの パノマティックルナのご紹介

2000年より、新しく加えられたシリーズ

<img src=”puppy.jpg” alt=”グラスヒュッテオリジナル”/>
グラスヒュッテ・オリジナルのパノマティックライン

このムーン付きのパノマティック・ルナは

2003年から加わりました。

 

当店の販売ページはコチラ

 

私的に、グラスヒュッテの中では

一番惹かれるモデルです。

オフセンターの時計配置で、

2針にスモセコ

2字位置にムーンフェイズ

4字位置にビッグデイト

バランスがとても良いんですよね。

 

さらにこのフラットな文字盤がまた良~

一歩間違えるとゴチャった文字盤に

なりそうな配置ですが多分、ビッグデイトの

作りが良いでしょうね。

通常ビッグデイトが配置されてるモデルは、

カレンダー枠が取り付けられていて、

数字の間にも枠があるのが多いと思います。

(外枠のみや、文字盤で仕切られてる物もありますが)

分かりやすいモデルは、

ランゲのダトグラフですね。

枠があれば立体感もでるし

主張も強くメリハリが効き

かっこよく見えるんですが、

このパノマティック・ルナには

似合わないですね。

しかも枠がないだけじゃなく、

中の数字も十の位と一の位が

水平にセットされていて

切り替わる時も水平に切り替わる。

だから数字を仕切る枠も不要。

余分なものがなく、フラットで

キレイなお顔が楽しめます。

 

グラスヒュッテの醍醐味って

裏向けた時に、シースルーバックから

見える機械を眺めるときですよね。

 

裏を見るとローターとテンプ

以外はプレートに覆われて、

中の細かい

機械は見れませんが、

そのプレートの畝(うね)模様の仕上げが

たまらなくキレイなんですよ~

 

ローターの回る溝も綺麗に仕上げられていて、

そこを文字盤と呼応するかのように

オフセットされた少し小さめなローターが

滑らかに回る。

そして、

テンプの両サイドのスワンネックの

下にあるプレートもエングレービングされ

ゴールドに装飾してあり、ローターの外周の

21金と相まってバランスよくキレイに見えます。

確実にこの子を眺めながら、お酒を飲めます。

 

表も

裏も

楽しめる一本です。

<img src=”puppy.jpg” alt=glashutteoriginal””/>

革バンドは他社製になりますが、

まだまだ全然使える状態。

仕上げしても消えないような

大きな傷やダメージは無く

良品です。

2021年3月9日
by admin
リップLIPのマッハ2000のご紹介 はコメントを受け付けていません

リップLIPのマッハ2000のご紹介

この独特な近未来的フォルムの時計

<img src=”puppy.jpg” alt=”lip”/>

リップ(LIP)のマッハ2000です。

当店の販売ページはコチラ

リップって結構ニッチなブランドイメージですが

知ってる人は時計通でお茶面なイメージを勝手に抱いております。

リップは1867年創業の

すでに150周年を迎える程、

老舗時計メーカーの1つです。

たしかIWCさん1868年

ホイヤーさんやパネライさんが1860年の創業

この辺りのブランドが同期でしょうか

1900年以降のロレックスは後輩にあたりますw

<img src=”puppy.jpg” alt=”リップ”/>

マッハ2000の基礎デザインは

1970年代に着想され1975年に発表された

手巻き式のマッハ2000が初代で、

当時より、円形のダイヤルは守りながら

装着時に身体寄りに時計本体が来るように

設計されたオフセンターのケース

何よりも流線型でアシンメトリーな

特徴あるデザイン。

このデザインを考案したのが、

フランスの主要都市をつなぐ

高速鉄道TGVをデザインした

ロジェ・タロン氏

21世紀を意識して作られた

マッハ2000。

21世紀に入っても

近未来的だなと思わせるデザイン

これが70’Sで生まれているとは

凄い!!

そりゃ、ニューヨーク近代美術館が

永久保存作品と認めてる訳だ!!

 

LIPの時計って私的な感覚ですが、

黒地に赤、青、黄を使ったマルチで

目立つイメージがあるのですが、

今回ご紹介のマッハ2000は

シルバー1色!!

とてもシックな仕上がりです。

<img src=”puppy.jpg” alt=”マッハ2000”/>

こんか感じも良いと思います。

<img src=”puppy.jpg” alt=”lip”/>

付属品の箱も独特ですね~

2021年2月18日
by admin
セイコークレドール SEIKO CREDOR ノード スプリングドライブ ムーンフェイズ のご紹介 はコメントを受け付けていません

セイコークレドール SEIKO CREDOR ノード スプリングドライブ ムーンフェイズ のご紹介

ゴールドのせいか、時計全体が

真ん丸なお月さんに見える笑

<img src=”puppy.jpg” alt=”セイコークレドール”/>

セイコークレドール

ノード スプリングドライブ ムーンフェイズ

当店販売ページはコチラ

 

ノードがクレドールのラインナップに加わったのは

2004年のこと。

ノードのコンセプトは

BIPOLAR(バイポーラ)

バイポーラとは、

例えば

冷たいと温かい

善と悪

右と左等の

相反する両極端にあること、

と言う意味になります。

 

シリーズ名のノード(NODE)の由来

 

ノードとは天文学用語で、

地球上から見た月の軌道と

太陽の軌道の交点。

太陽が沈めば月が出てくるみたいな

太陽と月は対極の存在に見える

それが一時交わる時がノード。

 

コンセプトがバイポーラ

シリーズ名がノード

ばっちりな組み合わせですね。

<img src=”puppy.jpg” alt=”SEIKOCREDOR”/>

(バック背景は、エドヴァルド・ムンク作 THE Sun

バイポーラ意識して遊んでみましたw)

 

今回、ご紹介しているノードは

2006年に販売開始されたモデル。

40mmUPのフェイスは

冒頭で言ったようにお月さん見たいです。

クラシックな顔つきですが、

イメージよりも厚みがあり、迫力があります。

<img src=”puppy.jpg” alt=”セイコークレドール”/>

その迫力を手伝うのが、

大きくあしらわれた247の数字ですね。

PGメッキを厚く乗せてあるので

立体感がありますし。

4時位置のムーンフェイズは、

K18ピンクゴールド製

しかも月っぽく見せるため?に

クレーターみたいな模様を

彫りこんであります。

<img src=”puppy.jpg” alt=”SEIKOCREDOR”/>

流石、セイコー細部までこだわる

細密ないい仕事しています。

 

こういう所がセイコーって好きだな~

 

リューズを見ると、ラウンドのケース

に対してリューズクラウンのデザインが

スクエアになってます。

バイポーラですね。

<img src=”puppy.jpg” alt=”SEIKOCREDOR”/>

状態もusedなので、細かい擦れ傷は

ございますが、大きな傷は見受けられません。

ストラップも純正の新品ものに交換してありますので

すぐにでもご使用できる状態です。

 

いいと思います。

2021年2月16日
by admin
アーノルド&サン ARNOLD&SON スカウトのご紹介 はコメントを受け付けていません

アーノルド&サン ARNOLD&SON スカウトのご紹介

ビビットな色合い!こんな時計、

航海時計として持ち合わせたら、

視野性抜群です。

<img src=”puppy.jpg” alt=”ARNOLD&SON”/>

アーノルド&サンのスカウトです。

 

当店の販売ページはコチラです。

 

マリンクロノメーターやスプリンデタント式脱進機を

発明した、ジョン・アーノルドとその息子を讃えた

時計メーカー。

あれ?そういえば、ブレゲもマリンクロノメーターを

発明して、それが高く評価され称号貰ってなかったけ?

 

そう、アーノルドは、あのブレゲと深く親交があったと

伝えられています。

もしかした、マリンクロノメーターもなんらかの

情報共有はあったのではないかと、

想像してしまいます。

資料には残ってないので、あくまでも想像です!!

 

アーノルド&サンは、グラハムを復興させた、

エリック・ロト氏の設立した会社

ブリティッシュ・マスターズにより

1995年に興されたメーカーになります。

現在(2021.2月時点)、日本の有名時計

メーカー「シチズン」の傘下になります。

 

スカウトが発表されたのは2006年頃

モデルのデザインから推測すると、同ブランドの

ロンジチュードの流れを汲んでいると思われます。

スカウトは、4時位置のリューズ操作で

時間合わせ、デイト合わせ、ローカルタイムの

合わせが可能です。

2時位置のリューズ操作で

内転リングを回して、二つの目印を示した角度から

現在位置をしると同時に、角度さえ覚えていれば

再びもとの場所に戻ってこれると言う機能を

持っています。

<img src=”puppy.jpg” alt=”アーノルド&サン”/>

現行のアーノルド&サンは当時とはデザインが

一新されていますが、当時の航海にちなんだ

時計を発表し続けたモデルもいいですね。

2021年2月15日
by admin
パテックフィリップ PATEK PHILIPPE カラトラバ3923A 日本限定 のご紹介 はコメントを受け付けていません

パテックフィリップ PATEK PHILIPPE カラトラバ3923A 日本限定 のご紹介

コロンと丸味のある可愛らしいケースに

キリっとしたお顔立ち

<img src=”puppy.jpg” alt=”PATEKPHILIPPE”/>

パテックフィリップのカラトラバ3923Aです。

 

当店の販売ページはコチラ

 

1950ー60年代の銘品2526ことトロピカルの

継承者と言われている。

 

1986年に登場した3923

同じ80年代に登場したスタイル抜群の3796に

比べ程よく全体的に滑らかな作り。

クラシック時計の王道ドルフィンバンドに

先が尖り山形にアップライトされたバーインデックス

2針にスモセコ。(しかもインデックスと針はWG製です)

バランスのよいお顔立ち

ケース径は32mmと今の時計に見慣れてしまっている

方達にはレディースと勘違いされる大きさ

でもこの大きさが腕に馴染む

愛方と共有してお使い頂ける大きさです。

<img src=”puppy.jpg” alt=”パテックフィリップ”/>

基本カラトラバは金やプラチナを使ったものが大半ですが

コチラの3923は1987年の150周年にちなんで、

ステレンススチールを用いた

150本のみの日本限定モデルになります。

アイボリー、シルバー、グレーの文字盤で

各50本しか製造されていない希少モデル。

<img src=”puppy.jpg” alt=”パテックフィリップ”/>

パテックのSSモデルってパッと思いつくのが

ノーチラス、アクアノート、スカルプチャー、プチコン

が思いつきますが、正統派のカラトラバで

このモデル以降にSSで作られたやつってあったけ?

それを踏まえると更に希少ですね。

 

エッジの無い丸味のあるケース(優しさ)

キリっとした正統派のお顔立ち(強さ)

 

優しさと強さを兼ね備えた

「お人柄」だとお見受け致します。

<img src=”puppy.jpg” alt=”PATEKPHILIPPE”/>

2021年2月12日
by admin
オメガ OMEGA スピードマスター・オートマチック ミハエル・シューマッハ記念モデル はコメントを受け付けていません

オメガ OMEGA スピードマスター・オートマチック ミハエル・シューマッハ記念モデル

ビビットなイエローなダイヤル

<img src=”puppy.jpg” alt=”omega”/>

オメガのスピードマスター・オートマチック

ミハエル・シューマッハ記念モデル

 

当店の販売ページはコチラ

 

当時でもムーンウォッチとして名高い

オメガのスピードマスター

 

そのオメガが

当時、F1界の最高峰と言われ讃えられていた

ミハエル・シューマッハとの間で

広告出演契約を結んだのが1995年こと

それを記念に同年、売りだされたのが、

このイエロー文字盤を配した

スピードマスター!

宇宙飛行士から

F1パイロットに

裾野を広げた瞬間です。

その翌年には、シューマッハの

サイン入りタイヤモチーフのBOXに入った

スピードマスター・レーシングが

レッドとイエローの2色展開で発売されてます。

96年に発売されたシューマッハモデルは

箱がレーシングタイヤ仕様等、

分かりやすいのですが、95年に発売された

モデルは、文字盤が黄色以外何も変わった所は

ありません。裏蓋に記念彫りがされている

わけでもないので、何本制作されているのかも

不明です。

オメガーシューマッハシリーズの最初の一本

<img src=”puppy.jpg” alt=”omega”/>

当店にある一本はused(中古)になります。

 

分針の針は経年により痛んでいます。

<img src=”puppy.jpg” alt=”オメガ”/>

時針と9時スモセコの針も若干経年により痛んでいます。

<img src=”puppy.jpg” alt=”オメガ”/>

裏蓋のうっすらと青くなっているのは、

当時の保護シールを剥がさなかった名残です。

<img src=”puppy.jpg” alt=”オメガ”/>

全体的には目立つ傷もなくキレイです。

ポリッシュ部分は反射により目をこらす

うっすらと擦れ傷が見える程度

<img src=”puppy.jpg” alt=”オメガ”/>

ケース・ブレスのサイドエッジがしっかりしているので

もしかしたら、ノンポリッシュかもしれません。

付属品は箱・保・取説(英時)揃ってます。

<img src=”puppy.jpg” alt=”オメガ”/>

ただ付属品は経年劣化によって傷み大です。

おまけ程度とお考えください。

<img src=”puppy.jpg” alt=”オメガ”/>

20数年の年月を考えたら、キレイな一本です。

保証書にも国内時計サロンでお買い上げ頂いた印あり

正規品になります。

おすすめの一本です。

<img src=”puppy.jpg” alt=”オメガ”/>

2021年2月5日
by admin
ヴァシュロンコンスタンタン VACHRON CONSTANTIN 1912のご紹介 はコメントを受け付けていません

ヴァシュロンコンスタンタン VACHRON CONSTANTIN 1912のご紹介

この、美しい弧を描く様なトノー・シェイプ

<img src=”puppy.jpg” alt=”vacheron constanin”/>

ヴァシュロン・コンスタンタンの1912です。

 

当店の販売ページはコチラ

 

1910ー1920年頃の

当時、人気を博したモデルを

現代風にアレンジし復刻したモデル

名前の1912は、

ヴァシュロンが初めて腕時計を製造したのが

1912年。

これに因んでいるのかな??

 

発表されたのは1997年

冒頭にも書いた通り、

本当にキレイな弧描いたトノーケースに

合わせて大きく配されたアラビアインデックス

そして少し膨らんだ、ケースサイドと

微細の曲線。

当時のアールヌーヴォーを思わせるデザインです。

<img src=”puppy.jpg” alt=”ヴァシュロンコンスタンタン”/>

よく見るとラグの形状も特殊で

腕の曲線にフィットしやすいように

可動式のタイプが採用されいます。

<img src=”puppy.jpg” alt=”vacheron constanin”/>

 

<img src=”puppy.jpg” alt=”ヴァシュロンコンスタンタン”/>

 

ストラップはバンビ社製

カイマン素材のワイレンレッド

艶有りに交換させて頂いております。

<img src=”puppy.jpg” alt=”vacheron constanin”/>

1912に因んで

1912本限定の時計になります。

いかがですか??

2021年2月4日
by admin
ジェラルドジェンタ gerald genta ファンタジーのご紹介 はコメントを受け付けていません

ジェラルドジェンタ gerald genta ファンタジーのご紹介

みんな大好き!!

<img src=”puppy.jpg” alt=”gerald genta”/>

ジェラルドジェンタのディズニーシリーズ ファンタジー

 

当店の販売ページはコチラ

 

時計界のレジェンド

ジェラルドジェンタ

彼がいなかったら、

時計界はどうなってたんでしょうね。

 

多くの有名メーカーの時計の

デザインしグランドソネリ

みたいな複雑な時計にも携わる。

 

今、人気を集めるAPのロイヤルオークや

パテックのノーチラスなんて

ジェンタデザインの代表格です。

 

そんなジェンタが一貫して制作してきたのが

ファンタジーシリーズ

ミッキーマウスやミニーマウス等の

ディズニーのキャラクターが時計の

文字盤に描かれる人気シリーズ。

今回紹介してるファンタジーは

ミニーマウスのファンタジー

オクタゴンケースの

多面カットされたガラス

文字盤はマザーオブパール

90年代初頭のからファンタジーデザインです。

光の反射でキラキラと光輝くなか

ミニーマウスが時間を教えてくれる

愛くるしい時計です。

 

その他にもこんなタイプの

ファンタジーもご用意しております。

<img src=”puppy.jpg” alt=”gerald genta”/>

販売ページはコチラ

<img src=”puppy.jpg” alt=”ジェラルドジェンタ”/>

販売ページはコチラ

金のお家の中にいる、ミッキーとミニー

豪華版です。

2021年2月3日
by admin
ブランパン BLANCPAIN レディーバードのご紹介 はコメントを受け付けていません

ブランパン BLANCPAIN レディーバードのご紹介

かわいくて、とても上品な時計です。

<img src=”puppy.jpg” alt=”BLANCPAIN” />

ブランパン レディーバート

 

当店の販売ページはコチラ

 

今にも転がりそうなコロンとした

丸みのある、可愛らしいフォルム。

文字盤はマザーオブパールで

光に反射したときのふんわりとした

色のうつろいが楽しめます。

文字盤には、ハートシェイプされた

ルビーとその間には、ダイヤモンド

がセッティングされており。

対称的にまとめられています。

外周にもダイヤモンドが、

セッティングしてあり、

豪華にも見えますが

WGケースに、規律正しく

セットされた宝石は

ゴージャスではなく品よく

まとめられています。

時計の大きさも5円玉程度の大きさで

腕に乗せた時は、可愛らしく映ります。

 

1956年

女性用腕時計として当時世界最小の

ムーヴメントで時計界にセンセーションを

巻き起こした時計

レディーバード!!

1996年に復刻40周年で発表されます。

発表当時は手巻きのみのモデルでしたが、

翌年の97年に自動巻きに改良された機械を

積みラインナップに加わりました。

 

レディーバードとはてんとう虫の意味

 

あなたの腕にカワイイ

「てんとう虫」を飾ってみませんか?

<img src=”puppy.jpg” alt=”ブランパン” />

2021年2月2日
by admin
ジラールペルゴ GIRARD-PERREGAUX GP トラベラー2のご紹介 はコメントを受け付けていません

ジラールペルゴ GIRARD-PERREGAUX GP トラベラー2のご紹介

GPの中でも、あんまり出回ってないモデルだと思います。

特にYGは!

<img src=”puppy.jpg” alt=”ジラールぺルゴ”/>

ジラールペルゴ、トラベラー2

当店の販売ページはコチラ

1997年に発表された、
アラーム機能をもつデュアルタイムウォッチ
12位置の小窓より
セカンドタイムが24時間表記で表示されており
偶数は数字表記
奇数は星マークで表されるユニークな仕上り。
インデックスの内側にある
小さな数字とドットが
アラームセットするためのメモリになります。
2時位置のリューズで
時間合わせや日付、デュアルタイムの設定
4字位置のリューズが
アラーム機能をつかさどります。

ゴールドのケースに
アップライトされたゴールドのインデックス
針もゴールド色で主張が強そうですが
文字盤の色をシルバーにすることに
より、バランスの良い仕上りに
なってます。
顔立ちもキレイに整っていますので、
飽くことなく使うことが出来そうです。

<img src=”puppy.jpg” alt=”GP”/>

個人的な考えですが、この子は発表当時から
あまり、目立ってないような気がします。
1997年はGPがフェラーリとライセンス
契約を結んで丁度真ん中辺り、GPとフェラーリの
密密ぶりに油が乗りまくりの時期です。
当時だとフェラーリシリーズにカーボン文字盤を
取り入れ、同素材の革バンドと合わせて革新的と
称賛されていたし、限定のフェラーリクロノや
250GTOのクロワゾネの時計だったりと
フェラーリ押せ押せだったので、
露出をあまりしてなかったような気がします。
当時の跳ね馬フィーバーの裏に隠れた
名品かもです。